仮想通貨チャート表示に挑戦!(概要編)

仮想通貨チャート表示に挑戦!(概要編)

A,S,mediumです
皆様に私の人生での経験情報が お役に立つことを願っております~<(_ _)>
今回は、仮想通貨のチャートをブログに掲載に
チャレンジしてみました!!
ゆくゆくは、取引上での比較一覧などに拡大できたらいいなと考えています。

仮想通貨チャート目標一覧の目次
【1】仮想通貨チャート表示に挑戦!(概要編)(本記事)
【2】チャート掲載方法解説Zaif取引所(本記事)
【3】チャート掲載方法解説coinmarketcap(本記事)
【4】チャート一覧ページの作成(【メディトレ君】随時更新中)

【1】仮想通貨チャート表示に挑戦!(概要編)(本ページ)

 

取りあえずテスト仕様として、
掲載場所はとりあえずアーカイブ下
掲載表示などはまとまってデーターを取り終えた後に
(1)ビットコインの円相場のデーターを表示しています
掲載することを目標にしました。
いろいろ方法はあります。目標としては
独自で、他サイトリンクを使用せず、APIを取得し
掲載してゆきたかったのですが、知識が足りておらず💦
いろんな方向性を検討しながら、最終的に
皆さんにお役立ていただける、チャート一覧を
掲載したいと思っています。

表示してみた内容
掲載場所はとりあえずアーカイブ下
掲載表示などはまとまってデーターを取り終えた後に
(1)ビットコインの円相場のデーターを表示しています
こちらは、Zaif(ザイフ)という取引所のビットコインの円相場
終値のデーターを読み込み表示しています。
ので、Zaifでのビットコイン相場となります。

【2】チャート掲載方法解説Zaif取引所

 

.phpに取得関数を明記 ワードプレスなどでしたらfunction.phpにコピペ保存
//仮想通貨の取得関数 function aaaa($as) { extract(shortcode_atts(array(
‘currency’ => ‘btc’,
‘type’ => ‘last’,
), $as));

$url = ‘https://api.zaif.jp/’;
$res = file_get_contents($url . ‘api/1/ticker/’ . $currency . ‘_jpy’);
$array = json_decode($res,true); return number_format( $array[$type] );
} //仮想通貨の価格表示ショートコードを追加
add_shortcode(‘ticker’, ‘zaif’);
表記の仕方

ビットコイン(BTC)[ ticker currency=”btc” type=”last” ]円です。
または

ビットコイン(BTC)[ ticker ]円です。

表示したい場所に、上記を記載すれば
[ のスペースは外して表記ください説明の為です

BitCoin(BTC) [ticker]JPY
のように表示されます。


チャート掲載方法解説coinmarketcap


 

仮想通貨の一覧ページを作るぞ~~
といきがっていましたが、壁にぶち当たりました💦
可能な限りAPIなどを使って自分で制作していきたかったのですが
国内で終値を取得できないBitzenyなどはどうするんだ~~
取引所が国外ならありますが、そちらのデーターは簡単に
掲載することが出来ます。

何とか自力で頑張りたいと思ったのですが、私の非凡な知識では
今はここが限界スキルを上げて向上できるよう努めます
だれかそんなこと知ってるよって方いたらメールで指南してほしい(笑)

早速coinmarketcapでレートの取り方です。


coinmarketcapとは
ようは当方がやりたい
仮想通貨レート一覧です
ここがあるからええやんてなりますが・・・・
それはさて置いておいてそれでもチャレンジしたいのです

coinmarketcapこちら

サイト名の横にあるToolから
widgetWidetsをクリックして
好きな通貨を選びほしい情報をチェックボタンから選び
左のソースをコピーベースとでサイトに掲載
簡単ですね

こんな感じです

 


これでは必要ないかもですが💦しかし、取引上などで
終値も違うなどあちこち移動しなくても
観覧できるように、当方に出来る使いやすいものを作ってみよう
と思います
by、A,S,medium

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください