マイニング種類 コンセンサスアルゴリズム

スポンサー様

マイニング種類 コンセンサスアルゴリズム

広告ソースです

~それぞれの違いマイニング方法 より深めた知識~

A,S,mediumです
皆様に私の人生での経験情報が
お役に立つことを願っております~<(_ _)>
今回は、マイニングの種類!?
なんですが、現在知っている内容から記載してゆきますので
抜けている種類や情報もあるかと思います
大きく分けてご説明していきます
その後追記の形で、情報を広げてまいります

さて、前回までで、PCで掘れる

【2】マイニングするPC(CPU)実路編

【3】マイニングするPC(GPU)実路編

を簡単にご紹介していきました(細かい記事も予定)
上記で、説明させていただいた【マイニング】は、今回説明する
マイニングの種類のPOWに当たります。
それではそれぞれを説明していきたいと思います。

マイニング種類目次

【1】コンセンサスアルゴリズムとは?
【2】マイニングの種類
【3】マイニングの種類別通過(別記事掲載予定)

コンセンサスアルゴリズムとは?


コンセンサスアルゴリズムとは、
マイニング報酬をどのマイナーに支払うのかを
決めるためのアルゴリズムです

まず仮想通貨のシステムで
(中央管理者)中央集権がいるといないに分かれます

仮想通貨NO1に有名だろうビットコイン
こちらは、中央管理者がいない仮想通貨です。
中央管理者がいないので、通貨に対し
不正な取引だとか正当な取引ですねなどを
みんなで監視してゆく
皆さんで、演算を使って、仮想通貨を管理するということですね

その他のコンセンサスアルゴリズムには

(中央管理者)中央集権がいて
それぞれの、分け前(マイニング)の分配が異なります
これが簡単にマイニングの種類になってきます。


マイニングの種類


ここは未確認の部分もありますので
知ってる範囲で、随時追記していきます

PoW PoS DPoS PoI PoC PoB


PoW(プルーフ・オブ・ワーク)


中管理者がいないので、みんなでPCの
演算力を使います。
膨大な計算で仮想通貨の履歴を認証してゆきます
この演算の貢献の高さで報酬が割り振られるということですね

コンピューターで膨大な量の難解な計算を行う必要があるので
膨大な電気代がかかってしまいます。

悪意ある攻撃に強いのは、マイニングしている計算力を
上回る必要があるためです。

(POWでも、計算力が低い通貨などは、圧倒的力で上回れる事が起きた事もMONAコインなど)
※機会がありましたら詳細記事に

前回までで、PCで掘れるで紹介させて
頂いたのが、こちらに当たります。

TVなどでも話題にしている
会社組織で、マイニングしているマイニング会社
などもあり、電気代のコストをいかに克服するかが
重要な点を占めていて、電気代の安い国
中国や寒い国へ移動して、マイニングするのが現状
日本で不利な条件なのかもしれません


PoS(プルーフ・オブ・ステークス)


通過を持っているだけで、保有数に
比例して、新規に発行される仮想通貨が
もらえる仕組み

マイニングには
保有する、通貨をディスクトップウォレットに
保管しマスターノードを立てていることが条件

ウォレレットを立ち上げておく必要があります
POWと違い、マイニングソフトを使用し
CPU、GPUを駆使しないので、その分
電気代(コスト)が安く済みます。

ですが、大量の通貨を補修していないと
報酬が微々たるものです

仮想通貨は、値の変動が激しいものです
ため込んでいる間に暴落もあり得ます
大量所有の為にはその際に購入や
通過での交換が必要となるため
固い、POS仮想通貨を調べ読み解く努力が必要ですね

※マイニング詳細は記事予定です


PoC(プルーフ・オブ・コンセンサス)


中央集権が存在する
代表的に上げるとXRP(リップル)
は中央主権であり、通貨の橋渡しを
担う役割的な特徴を持つ仮想通貨です

有名な銀行などの使用参入の声などでも注目されています

発行者が認めた(80%が)機関や企業
だけが、取引の合意を県書する作業で報酬がもらえる仕組み

中央主権型ですので、個人などには
批判的な声もありますがPOWに匹敵するともいわれています

個人としては、取引上などで(認められた企業)
購入するか通貨交換するのみでの保有になりますね


DPoS(デリケーティッド・プルーフ・オブ・ワーク)


(中央管理者)中央集権
通過所有者の中から、任命を受けた人が
認証をする方式です

選ばれた人が投票者に報酬を分散するような形です。
POSをより人的に行ってるような感じですかね?

通過制作者から→コミュニテーに→支援者に
のような形で徐々に輪を広げていくような形で
通過が広がっていくのでしょうか

マイニング
よりその通貨を早くに知り、貢献できるかがカギですね
早期に通貨を見つける、情報収集に努力が要ります


その他、PoI(プルーフ・オブ・インポータンス)
PoB(プルーフ・オブ・バーン)や別のA,S,mediumが知らない
新しく存在するものなどもあるかもしれません
当方の、解釈での説明となります。ご理解を<(_ _)>
POWとPOSを融合させたようなものや
POWからPOSに変更していく通貨なども存在します。
情報が早い仮想通貨の世界では追うのが大変。。。
また詳しく改正版でも書けたらと思老います


スポンサー様

A,S,medium ビットゼニー プレゼント

こちらからご応募お待ちしております

上記も継続中ですよ
上場前の、期待に膨らむEnishiCoinも同時に,GET出来ちゃいます
どしどしご応募お待ちしております
by.A,S,medium

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください