悲報!!bitebtc!GOXか!?取引所で火災進展情報ロードマップを発表

目次

【1】bitebtc
【2】今の現状内容
【3】最新情報の追記


スポンサー様

bitebtcで火災?心配される仮想通貨


~その後の進展情報をお伝え~

A,S,mediumです
皆様に私の人生での経験情報が
お役に立つことを願っております~<(_ _)>
今回は、bitebtcが事故ではあるが
正常に機能していないことが判明していることを報告します
新しい進展情報です
第一弾記事はこちらから
bitebtc


A,S,mediumでも新規登録で詳細させていただいている
取引所でもあり心配です
皆様にも確認できている内容をお知らせしたいと思います。


取り扱い通貨は36種類 新しめの国産通貨なども
36種類の通貨を扱っています。
手数料が安いのも魅力です。
会社 bitebtc
設立 2018年1月20日
所在地 シンガポール
言語 現在日本語の取り扱いはないです
API環境 あり
アプリ ありません

今の現状内容


現状でIDを取得していても
ログインが出来ない状態で
預けている通貨に対しては、打つ手ないしです
bitebtc側からは、再度新規登録を促すアナウンスがあります
新規登録からKYC(本人確認)しても通貨が戻ってきていない状況
復旧や通貨の返却のアナウンス(ロードマップ)を発表しました
詳しくは下記に↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

最新情報の追記


現状で出ているbitebtc側からの
発表されたロードマップ情報になります

bitebtc側から公開されたロードマップ

2019年1月1日に、交換サーバーが配置されている
データセンターで火災が発生し日本時間の1月8日深夜
ロードマップを発表いたしました。

復旧は絶望的(復旧不可能の発表)
今回の発表の中で2018年9月4日~2019年1月1日までの間に発生したデータ (取引・注文・入出金等を含む)の一部が復旧できなかった公式に発表です。 復旧できない通貨に対しての保証の内容のロードマップです



〇アカウントでログインできない場合は、再登録をお願いしますとの事
(KYCも含めて)

〇再度登録後の,専用フォームから、失った金額や必要項目を転送
(1月31日まで)

〇申請された方から比例分配での変化インになる模様

〇確実にすべてが戻る様子は見られませんその後、余ったものは
エアドロップされる様子。


期限もついておりますので通貨を保有していた方は
申請を急いでおいたほうが賢明です。
わかる情報は随時更新していきます
あくまで英語解釈になります。
解釈の概念的にご注ください。
火災自体が本当なのかとの声もある中
対応できるアナウンスを出していますので
いずれにせよ帰ってくる可能性に欠ける必要はありそうです
by.A,S,medium

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください