仮想通貨 マイニング CPU種類の違いでの効率

仮想通貨 マイニング CPU種類の違いでの効率


~仮想通貨を入手~

 

A,S,mediumです
12月31日、平成最後の記事になります
皆様に私の人生での経験情報が
お役に立つことを願いつつ~<(_ _)>
来年もよろしくお願いいたします
皆様が良い年を過ごせますように

マイニングでのCPU種類での効率をご紹介いたします

目次

【1】CPUそれぞれ
【2】ハッシュレートとは
【3】A,S,medium【まとめ

【1】CPUそれぞれ


マイニングを始める手っ取り早さで
言うとやはり、CPUマイニングになります。
PCには必ずついていまから♪そう人間でいう【脳みそ】みたいなもの
情報を処理する中枢ですねCPU皆さんも、PCを購入する時
予算の都合で型落ちPCで十分とゲーミングや動画編集などで、サクサク動かしたい
いろいろ比較したりでPCを購入してきたかと思います
普通に、PCを使っているには(WEBショッピング)
それほど大差ないので、皆さん予算重視ではないでしょうか?

手持ちのPCからそのCPUで
マイニングに参加したってのがほとんどだと思います。
慣れてくるとう~~ん・・・
もっと多く、早く掘れればいいのにな~と

欲が出ちゃいますよね♪(当然です)


プールなどでは【ハッシュレート】貢献順に報酬となります
上位の皆さんすごい【ハッシュレート】!!
 
大きく分けて3つに絞ります


Intel Coreシリーズ ・Intel celeronシリーズ ・Ryzen シリーズ


Intel Coreシリーズ

上の画面は、corei7-2600 3.40GHzを core4つ分で、マイニング稼働しています。
3つを比べても消費電力などはさほど変わりがありません
coreが多いものを選ぶと割と優位に立てると推測されます。
【ハッシュレート】はCPUの処理能力と速度!! CPUとスレッド数がカギになってきますね。
 
・処理能力はRyzenにやや劣る
・計算スピードは、Ryzenにやや勝
 
Intel celeron・Ryzen でそれぞれの特徴があります。

Ryzen シリーズ

・処理能力はIntel Coreにやや
・計算スピードは、Intel Coreにやや劣る

【2】ハッシュレートとは


発掘速度(ハッシュレート)は、PCの計算力の数値です。
上記でご紹介した、「1H/S」です。
1秒間(S)に、1ハッシュ(H)で、発掘の目安になります。
ハッシュはK(キロ)~T(テラ)KH.THなど数字単位の表記があります。

【3】A,S,medium【まとめ

アルゴリズムとの相性で、効率がCPUに代わるなども聞いたことありますが
CPUごとに比較を実際に行わないと何とも言えないと思います。
 
by.A,S,medium

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください